HOME>アーカイブ>団体で移動するときには融通の利く交通手段が便利
バス

団体での移動

会社、自治会など、ある一定以上の人数が集まって移動を行うときには、交通手段を確保することを考える必要があります。それぞれ別行動で移動手段を確保することは、予定通りの移動を妨げる可能性があり、電車やバスのような同時進行ができる交通手段が適切です。しかしながら、他の人も乗り合わせるような場合には、時間の制約が発生することから、突然のトラブルなどが起きた場合には、置いて行かれてしまいます。これらを考慮した場合、団体での旅行の時には、貸切バスを手配することで、さまざまなメリットが発生します。まず、貸切バスは、団体で行動ができるため、途中で離ればなれになることがなく、少しくらいのトラブルであれば、融通を利かせて予定を変更してくれます。また、途中の道すがら、立ち寄る予定のない道の駅など、買い物やトイレなど要望に応えて立ち寄ってくれるものです。

幹事さんも大喜び

貸切バスを利用するときには、料金面でのメリットがあり、団体割引が発生することで、一人当たりの運賃は安くすることができます。これにより、経費を抑えることができるだけではなく、宿泊する場合や、食事をする時に、ワンランク上のサービスを受けることもできるようになります。通常料金の3割引き程度になることも少なくなく、繁忙期を外せば、さらなるサービスがついてくることさえあります。そのため、こうした旅行を手配する幹事さんから見ても、選択するためのメリットが多くあり、選ぶ人が増えているのです。もちろん、出発は指定の集合場所を指定することができるわけですが、道すがら乗客を拾っていきたい、という場合でも自分たちで時間、場所を決めることができる点も大きなメリットといえるでしょう。

広告募集中